誰でもできるけど、誰もができない。


コースは、誰でも、望めば、
形而上学を学び、実践することができます。

そして、それを学び実践するなら、
誰でも、実相世界に到達し、
天国へと帰還することができる道として、ここに現れています。

そして、
そのための階梯もちゃんと用意されていて、
初めからすべてを見ることはできませんが、
階梯を登っていくにつれて、
徐々にその先の階梯も見えてきますし、
そこから見ている景色もどんどん変わってきます。


しかし、実際に学び、実践していくと、
誰もが望む道ではないなぁということもわかってきます。

ヘレンさんたちが、コースを書き取っていたころから、
これは5.6人のためのものだと言われていたように、
少しずつ、このコースの全体像が見え始めてくると、
本当に、ラディカルなんだなぁとわかってきます。

(ラディカル=根本的、根源的、徹底的、急進的、過激など。)


コースの説く一元論とは、一元論なだけに、
全く妥協なく、時に権威的にすら感じることがあります。

しかし、そうでなければ、
私たちのゴールである実相世界や真の平安には到達できないからです。

なので、
誰にもできるし、階梯や道はあるけど、
それをやるかやらないか。
望むか望まないか。

それだけなのだと思います。


しかし、私たちは今、
完全に自我と同一化しているので、
一足飛びにそのようにいくのではないし、
いけるわけがありません。

受け入れられるところから少しずつ、
イエスや聖霊に優しく導かれていく道なのですが、

それでも、赦しのプロセスにおいて、
心に戻るとは、
戦場となっている心に戻っていくのであり、そこには強い向かい風が吹いてくるように感じるので、安易な道ではないこともわかります。

戦場に戻るくらいなら、
忘却のベールで隠したままにしておいて、
偽りの幸せと平安で十分だと思うからです。


しかし、この今も、
誰でも、正しい心と、間違った心と、
決断の主体を持っているので、
誰でも、正しい心を選び直すことができます。

そして、それは一なる心としてつながっているので、「決断の主体である私」が今、
選び直すことを真に望めばいいだけなのです。

そして、そもそも、
この帰還の旅はすでに終わっていて、
その真実を受け入れていないだけなのだということです。


なので、
誰でも、真に望み実践するのであれば、
天国に到達できるはずなのですが、

分離して、断片化して、神に見つからないように隠れ込んでいる私たちは、
誰もが、そうは思わないし、
思いたくもないということです。

ACIM KUUKA

「奇跡講座の学びと実践」のシェア。 この動揺や喜びは何のためのものだろう。